司馬やんネット

日々の生活の中で、体験したことや感じたこと、関心を持ったことを公開します!

夏なのに寒がるのはなぜ❓体質による徹底解剖❗️

🔴冷えに対する異性への疑問?


まだ、何もわからない学生の頃、クーラーがよく効いた公共施設で
若い女性が夏なのにカーディガンを羽織って座っているのを見かけたり、
膝掛けをして事務の仕事をしているご婦人を見かけたりしたが、なぜ、
「こんなに暑い夏なのに?」と疑問に思っていました。




年齢を重ねるに従い、“なるほどなぁ?”“    ”こういうことか⁈“  と
理解できる年齢になって来ました。


だから、今なら、あの女性たちの気持ちがよくわかります。



特にわたしが働いている事務所は、ちょうどクーラーが直接当たる場所に
デスクが置いてあるので、ストレートに冷房が当たってしまうのです。


ですから、真夏は“別の意味”で切実ですよ!



また、嫁さんは、職場で やはりクーラーが横から直接当たる場所に座っていたので、三叉神経がおかしくなり、夜中に寝ていても頭が割れるように痛いと言って、大きな病院で精密検査までしてもらったこともあるくらいです。



特に最近の夏の暑さは尋常じゃないくらい熱くなってきているので、クーラーがガンガン効いた室内との出入りで自律神経までおかしくなってくるのは当然かも知れませんね。


人それぞれの体感温度に対する感覚も違っているので、クーラーの風向き一つで周囲に気を使わなければならないのも疲れますよね!増してや男女間なら、なおさらのことです。






🔴男女で体感温度に違いがある。

夏は冷房の温度設定などで男性は「暑い」、女性は「寒い」と
男女の体感温度の違いから不満がぶつかり合うことが多くありませんか?


同じ温度でも体感温度は人それぞれですが、特に男女差は大きく、
2℃以上もの差があると言われているようです。



基本的には基礎代謝の違いが影響していて、男性は女性と比較して
脂肪が少なく、筋肉が多いために熱生産量が高くなります。



一方女性は男性よりも筋肉が少ないため熱を産生しにくいのです。


女性の体は、女性ホルモンの影響により脂肪がつきやすく、
特に皮下脂肪が多い傾向にあるようです。




これは女性の本能として子宮を衝撃から守ることや子宮や内臓、骨盤を
冷えから守る断熱材としての役割  があるためらしいですよ。



皮下脂肪は熱を通しにくく、一度冷えると温まりにくいので、女性はもともと冷えやすいと言えますね。


また、体の熱は温かい血液が一時的に減少するため、全身に血液が
流れにくくなり、冷えを生じることになるようです。

特に子宮や卵巣などの女性特有の内臓が影響をうけやすいので、鬱血して冷えやすいと言えますね。

さらに、夏の女性の服装は、男性と比較して耐寒性に
欠けていると言えます。


例えば、パンプスを履いている女性と靴を履いている男性、スカートを
履いている女性とズボンを履いている男性では、体感温度は男性の方が高くなりますからね。


また、ミニスカート、ショートパンツなどの肌の露出が多い服装は外気温の影響を直接受けやすいです。


このように、男女の着衣の違いは、男女間の体感温度の差をより助長させてしまうといえますよね。

🔴まとめーーー!

猛暑が最近の夏は、当たり前のようになってきました。

熱中症という言葉が使われるようになってきたのも、考えてみれば、
割りと最近のことですよね。



わたしが若い頃は、“日射病”という言葉はありました。

中学の運動会の練習で、応援団長の友達が倒れて入院したことが
ありましたが、確か病名は日射病という診断でしたよ。



まして高齢者が室内で倒れるといったことは聞いたことがなかったです!


1日中クーラーをつけって放なしで夏を過ごさないといけない環境に
なって来ているのは、なんともやり切れませんものね。


これからは、体の不調を訴える場合、熱中症ばかりでなく、冷えからくる不調の対策も考えていかなければいけないような気がします?
 

夏の不調の原因って?その理由知りたい⁈

🔴不快感に悩まされる今の時期 




以前は、さほど気にならなかったのですが、最近は天候の変動に対して体が敏感になりました。



最初は年齢的なものもあるか?と思ってのですが気候的な条件が
だいぶ変わってきたのかも知れないと感じるようになってきたのです。





つい先週もヤケに蒸し暑くまとまった大雨が降る前、朝から首筋が
張り頭が重くて気分が悪くなってしまったことがありました。




仕方なくサロンパスを貼ったり頭痛薬を飲んだりしましたが、何となく
スッキリしない1日だったんですよね。




これは、わたしだけでなく周囲の知人も同じようなことを言って
いましたよ!







今の時期は朝晩と昼間の気温差が特に激しいので、本当に困った
ものです!





そこで、その原因を知っておけば少しは対策が練れるかも知れませんね!






🔴台風の発生率が高い


夏の日本付近は、太平洋高気圧に覆われていますが、太平洋高気圧の周り
を通って日本に向かう北上する台風が多くなります。



台風とは、北西太平洋に存在する熱帯低気圧のうち、最大風速が
およそ17m/s以上のもので、夏に発生する台風を「夏台風」
というそうです。



特に8月は台風の発生率が多い月ですが、進路の急変や速度の変化
などでの複雑な動きをするため、進路予想がしにくいとされています。


台風が発生すると、一気に気圧が下がります。気圧が低下すると、
気圧の変化を内耳の中にある気圧センサーが感知し、脳に伝わって
行くらしいのです。

その結果、気圧の変動による自律神経のバランスの乱れが生じ、
頭痛や吐き気、めまい、だるさ、関節痛などの症状が起こりやすくなる
らしいですよ!


🔴室内外の温度差が激しい


 夏は、気候、湿度共に高く、蒸し暑くなることから、体力消耗や睡眠不足、食欲減退、冷たいものの取りすぎによる胃腸機能低下などを引き起こします。



暑い外から室内に入ると、体は冷房の効いた部屋で冷やされますが、
暑いからと言って、普段から冷房による快適な環境に慣れてしまうと、
少しの暑さで冷房を使うようになり、体が本来持っている体温調節機能
を低下させてしまのです。




長時間冷房の効いた部屋にいた後、高い外気温にさらされることを
繰り返すと、室内外の温度差で自律神経のバランスが乱れてしまい、
冷房病により体調を崩しやすくなります。


一般的には、5℃以上の温度差に適応しようとすると、体温調節機能が
うまく働かなくなり
自律神経の機能を乱すらしいのです。


近年では暑さが厳しくなり猛暑日(最高気温が35℃以上の日)が続き易いため、温度差が5℃以上になってしまう日が増えてしまうことが多くありました。


冷房による体温の冷えは、血流不足による手足や腸の冷えから胃腸障害や生理不順、頭痛、腰痛などの症状を引き起こします。


さらに、汗をかいたり、血管を広げることで体内の熱を放出して体温を調節している機能も低下してしまうのです。


その結果、汗をかきにくく、熱がこもりやすくなるため熱中症を引き起こすことにもつながります。



特に、高血圧症、糖尿病、心臓疾患などの既往症のある方は、激しい気温差により血圧が急激に変動しやすく、脳卒中や心臓発作などの危険性があるので注意が必要ですよね。

🔴まとめーーー!


汗を掻くことの意味を、今まで深くは考えたことがなかったのですが、
体内温度を一定に保ち内臓の働きを高めるためにはいかに重要であるか?
よくわかるようになりました。



汗と一緒に体内の熱を出したり封じ込めたりすることは自律神経が大きな
関わりを担っているのですが、これが気候によって上手く働けなる
ことからの身体の不調は、どうにも避けようがありませんものね!



ただ、身体の仕組みを多少は知っていれば、生活の工夫を多少
加えることによって辛い思いをいくらか避けれるのではないでしょうか?



なるべくならばお薬に頼らず自力でなんとかするのが一番
いいですからね!
 

暑い夏 絶対、知っておいた方いい水分の知識⁉️

🔴このくらいの暑さは、本当になんとかなる?



会社同僚が、熱中症に罹り、3日ほど休んだことが、以前あったんです‼︎



それも、まだ23歳くらいの体力も気力もある後輩ですが、
月末の仕事での疲れと月初めの自宅での畑仕事の手伝いとで
一挙に無理が出たのかも知れません。


彼は、よっぽど酷かったのか? 一週間ほどは半病人で結局一月近く体調が悪かったようでした。


夏の暑い日わたしもちょうど車の車検があり、会社の営業車に乗せてある
荷物を代車に乗せ変えていた時、結構汗を掻いて、気分が悪くなり、
しばらく頭が痛くなって、その日仕事ができなかったことがあります。




これに似た経験をしておられる方も少なくないのではないのでしょうか?





🔴多量に汗を掻く、きびしい暑さは要注意!

真夏日になると、少し外にいるだけでも一気に汗が出てきて、暑くなれば
なるほど体温を下げるために大量の汗が出て、体内に水分は急激に減少します。


1日の 中で汗の量は人により異なり、体内に入って来る水分量
と大量に出る水分量のバランスで変わってきますが、
夏場の生活では約1ℓ以上の汗が出ています。



汗が出ないようにと、水分を控えてしまう人がいますが、水分を控えると脱水症状の危険性と同時に、結石が作られやすくなるようですよ。



人間の体は多くが水で出来ていますよね。


体内の水分量は、乳児では体重の約80%、子供では約70%、
成人では約55〜60%、高齢者では約50%と、年齢により異なり、
年齢を重ねるにつれて体内の水分量は減少していきます。


成人では何もしなくても、1日に約2.500mlの水分が外から
失っているそうです。


内訳は、尿に含まれるている水分が約1.400mlです。
便に含まれる水分が100ml、汗に含まれる水分が約600ml、呼吸に含まれる水分量が約400mlです。

これに対して、飲料水から約1.300ml、食べ物に含まれる水分の量が
約800ml、摂取した食べ物の栄養素が代謝されて生じる代謝水から
約400ml、1日に合計約2.500mlの水分を体に補っています。



普段は、体に出る水分と体に入る水分のバランスは常に保たれて
いますが、気温の上がって汗で失われる水分が増えた場合、
1日に摂取する水分を増やさないと体の水分バランスは崩れて、
体内が水分不足となりますから注意しないといけませんよね。


夏場は意識して水分を多目に取るように心がけましょう。

体に入る量                                   体から出る量

摂取水         約1.300ml                 尿          約1.400ml
食物中水分  約   800ml                 汗          約   600mll
代謝水         約   400ml                 呼吸       約   400ml
合計            約2.500ml                 便           約   100ml
                                                   合計         約2.500ml  

🔴まとめーーー!
暑いからと言ってついつい冷たい物をたくさん飲みすぎて胃腸の調子が
悪くなったりすることがあります。


異常に熱いと、どうしても冷たいもので喉を潤したいと思うのも
わかります。




でも、これが逆効果で返って体内バランスが崩れてしまいます。

水分補給は、やはり小まめに少量でもいいので取り続けることではないでしょうか?

それからミネラル成分を考える上で、ナトリウム、カルシウム、
マグネシウム、カリウムなどの入った電解質水ができれば
おススメですね。


もちろん糖質が入っていないものがあれば、
それが一番よいのですがーーー!